ああすればよかったと思うことがないように、自分スタイルをみつけよう

後悔しないために!ブライダルは流行に流されないこと

自分たちらしさをかたちにしてみんな幸せに

時代で変わる結婚

古代では男女が同居して子孫を残すというシンプルなものだったようです。
結婚式などもなく、共同生活を送るという感じだったとか。
少し時代が進むと今の結婚と近い形になるようですがそれでも別居婚でした。
現代のような形になるのは奈良時代からだそう。
男性が女性の家に通い儀式が終われば妻の家で同居するという、今とは全く違う形だったようです。
鎌倉時代以降は武家が政略結婚という形で家同士のつながりを作ることが最重要となりました。
この頃には現在でも行われているような婚礼の形になり、結婚式も行われていました。
とはいえ、それも庶民には無縁のことで、武家社会だけの儀式だったのです。
江戸時代になり一般に広まり、今の挙式・披露宴のような形になりました。

明治~現在の結婚式

明治になり初めて神前結婚式が挙げられると、それまでは自宅で行うことが一般的だった結婚式が変化します。
西洋の写真技術で記念撮影をするようになったのも明治時代からでした。
これは今でも変わらず続いていますね。
現代では当たり前となっている、式に親族や知人が出席するスタイルもこの頃から広まっていきました。
戦後になり、芸能人が豪華な結婚式を挙げるようになるとホテルや結婚式場が一般的になっていきます。
神前や仏前、教会での挙式、派手な演出や大きなウエディングケーキなど、それぞれ趣向を凝らした披露宴は「派手婚」と呼ばれ、芸能人の披露宴ではケーキの高さが話題になっていました。
このように結婚式と言っても、その時代背景に沿って、実に大きく変化していることがわかりますね。


この記事をシェアする